通信教育
電験3種資格について
第三種電気主任技術者
概要
 電気事業法により電気保安の確保の観点から、事業用電気工作物(電気事業用及び自家用電気工作物)の設置者(所有者)には、電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督をさせるために、電気主任技術者の選任が義務付けられております。
 電気主任技術者の資格には、免状の種類により第一種、第二種及び第三種電気主任技術者の3種類があり、第三種電気主任技術者は電圧5万V未満の事業用電気工作物(出力5千kW以上の発電所を除く)の工事、維持及び運用に関する保安の監督を行うことができます。また、電気主任技術者免状の取得者であれば、実務経験等により第一種電気工事士及び認定電気工事従事者の資格を取得することができます。
試験内容
 次の4科目について科目別に試験を行い、各科目の解答方式はマークシートに記入する五肢択一方式により行われます。
科目名 科目の内容
理 論 電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測
電 力 発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気材料
機 械 電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理
法 規 電気法規(保安に関するものに限る。)及び電気施設管理

 筆記試験の結果は科目別に合否が決まり、4科目すべてに合格すれば第三種電気主任技術者試験合格となりますが、一部の科目だけ合格した場合には科目合格となり、申請によりその科目の試験が免除され、3年間で4科目の試験に合格すれば免状の取得資格が得られます。